ハメドリの方法

【最新版】ハメ撮りにオススメのSDカードとは?動画撮影用の格安でコスパの良いSDカードや選び方を紹介!

【最新版】ハメ撮りにオススメのSDカードとは?動画撮影用の格安でコスパの良いSDカードの選び方を紹介!

こんにちは、おやすです。

ハメマネやパコトーキョーの運営をしています。

個人撮影のハメ撮りは、アダルトビデオとは違って、素人感があってリアルで味わい深いものですよね。

今回は、パコトーキョー(個人撮影配信者のためのプラットフォーム)を運営しているおやすが、SDカードの選び方についてご紹介。

皆さんはSDカードを容量だけで決めていませんか???

ハメドリを「一眼レフやビデオカメラなどで撮影されている方」や「保管場所としてSDカードを考えている方」は必見。

SDカードは対応するサイズや規格など様々な種類があり、動画撮影やハメドリに適切なSDカードの選び方が分からないという方は非常に多いと思います。

サクッと読めるので、是非理解を深めて、明かるいセックスライフを楽しんでください。

はじめに

現在の一般的な動画は「1秒間に30コマの連続的に記録した静止画」を並べたものです。

勿論、お使いのビデオカメラや一眼レフによって各コマのデータ容量は異なり、機種によっては1秒間に120コマや240コマで記録できるものが多く存在します。

尚、「4K」や「HD」は解像度を表すものでその動画のきめ細やかさのことです。

細やかさ解像度4K, HDなど
滑らかさ1秒あたりの静止画枚数FPS
4KとFPSの違い


動画はパラパラ漫画と同じで1秒あたりに表示する静止画が多いほど滑らかな表現になります。

ぼくが普段使っている iPhone12ProMax は 4K/60fps です。

カメラの性能に見合っていないメモリーカードではコマ落ちデータが壊れるというエラーが生じます。

以前こちらで紹介した機種もそうですが、メモリーカードは非常に高性能なものが求められるようになっています

4Kや8Kのハメドリ動画を撮影する場合は、10分程度で数十ギガバイトに達したりします。

一眼レフカメラやビデオカメラの画質を落とせば、容量が足りないSDカードでも保存できますが、それはカメラ性能を引き出せていないので勿体ないですよね…

お使いのカメラや動画画質設定などを踏まえて適切なものを購入できるよう、もう少しだけ詳細に解説していきます。

SDカードの種類

SDカードには

  • SDカード(32×24mm)
  • miniSDカード(21.5×20mm)
  • microSDカード(15×11mm)

の3種類があります。

SDカード

主にデジカメやビデオカメラ、パソコン、プリンタ、テレビなどに用いられます。

動画撮影などの映像機器は基本的にこちらを扱います。

miniSDカード

主にガラパゴス携帯と言われるようなスマホ以外の旧機種携帯電話によく使われていました。

microSDカード

SDカードのスマホ、タブレット、オーディオプレーヤーなどに用いられます。また、その中でも容量や転送速度、対応機器にも違いが出てきます。

SDカードの選び方

SDカードを購入する際は、3つのポイントを抑えていると失敗せずに選ぶことができます。

カメラにあった規格を選ぶ

SDカードは規格によって分類されます。

SDカードSecure Digital~2GB
SDHCカードHigh Capacity4GB~32GB
SDXCカードeXtended Capacity64GB~
SDカードの規格種類


一般的には上記規格を総称して「SDカード」と言っています。

カメラによって使えるカードの規格が異なりますので、SDカードを選ぶときは必ずハメドリに使うそのカメラの仕様を確認してください

また、SDXCカードに対応する映像機器はSDとSDHCの下位規格への互換性があります。

つまり、カメラやパソコンなどのホスト機器がSDXCカードに対応していれば全ての容量規格のSDカードが使えます。

SanDisk サンディスク Extreme Pro SDXC 256GB カード UHS-I 超高速U3 V30 Class10 4K対応

大きめの容量を選ぶ

どれくらいのハメドリを撮影するかなどにもよりますが、好きの延長線上で撮影できるような方は意外とパンパンの容量になります。

「足りない…」となっては残念なので、余裕を持って大容量のSDカードを選んでおきましょう

容量4KHD
64GB約2時間約2時間30分
128GB約3時間30分約5時間
256GB約7時間約10時間
512GB約15時間約21時間
ザックリのSDカード容量目安


※ 4K動画、フルHD動画の録画時間はザックリです。動画のサポート及び実際の録画時間、使用機器、ファイルサイズ、解像度、圧縮率、ビットレート、撮影内容、その他の状況などに大きく依存します

ぼくはSDカードを何枚も保持するのが面倒臭いのでキャパシティに余裕がある512GBを購入しちゃいますが、最低でも128GB以上や256GBをオススメします。

また、ハメドリやハメ録の録画時間だけでなく画質や音質も高品質で扱いたい方は大きめの容量が必要になってきます。

Amazon:SDXC 256GB Class10U3V30
楽天  :SDXC 256GB Class10U3V30

速度で選ぶ

SDカードには3つの速度がありますが、使用目的を踏まえて適切なパフォーマンスがあるSDを選ぶことが大切です。

転送速度は「読み取り速度」と「書き込み速度」に表示が分かれますが、個人的には「書き込み>読み取り」で大事かなと思います

また、後述しますが動画撮影においては「スピードクラス」が特に重要指標だと思っています。

書き込み速度

動きがあるものを連写するときに重要で、書き込み速度が速いと快適な連続撮影ができます。

読み取り速度

パソコンなどへのデータ転送するときに重要で、読み取り速度が速いと処理時間が短くなります。

スピードクラス

ハメドリ動画録画に必要な「最低転送速度」を表す規格です。

情報を転送する速度もSDカードの種類によって異なります。

  • スピードクラス
  • UHSスピードクラス
  • ビデオスピードクラス

の3種類に分類されて、下にいくほど高速。


CLASS 10:最低10MB/秒
UHSスピードクラス 3:最低30MB/秒

ハメ撮りの使用機器が必要としているスピードクラスを確認して選びましょう

ビデオスピードクラスは従来のスピードクラスやUHSスピードクラス領域をカバーする高精細高画質動画撮影のための規格です。

もしスピードクラスが不十分だとコマ落ちしてしまったり、録画が途中で中断するなどの支障が出るためこちらも余裕を持っておくと吉です。

因みに、フルHD撮影はCLASS 10以上、4K動画撮影はUHS 3 以上を推奨しているカメラが一般的

将来的にはビデオスピードクラスを要求するカメラも順次発売見込み。

もし迷ったときは「CLASS10 UHS3 VIDEO30 の全てに対応したカード」を買っておけば安心かなと思います!


SDカードの注意点

SDカードを使用する際は、紛失破損に注意してください。

SDカードは非常に小さくて強度の低いメディア記録媒体です。

ハメドリなどは非常に秘匿性の高いデータなので紛失するわけにはいきませんし、最高の撮影ができたとしてもカードを割ってしまってデータ破損してしまっては残念です。。。

また、SDカードはデータ上書きを繰り返すと徐々に劣化していきますし、寿命は約10年と言われています。

SDカードはあくまで一時的な保存場所として捉えて、パスワード管理などをしている堅牢なパソコンやクラウドなどにデータを移管して保管されるのがいいかなと思います。

SDカードを選ぶときのまとめ

  • カメラにあった規格を選ぶ
  • 大きめの容量を選ぶ
  • 速度で選ぶ

が大切です。

カメラの性能やスペックだけでは快適な撮影ができないので、カメラの性能を引き出すために適切なSDカード選びが大切です。

また、SDカードはパソコンを経由してSDカードに保存しますのでSDカードリーダーがなければ併せて購入必須です。

ハメドリは撮り直しできないケースが多いため、撮影時の準備は万端にしておきたいところ。

しかし、カメラ本体やバッテリーやケーブル類などに気を使っていてもSDカードの性能に無関心であれば、思わぬエラーでハメドリ撮影中断ということもあるでしょう。

せっかくのハメドリも無駄にならないようにしっかりと選んであげてくださいね!