ハメドリの方法

【最新版】ハメ撮りにオススメの一眼レフカメラとは?動画撮影ができる格安でコスパの良い一眼を紹介!

【最新版】ハメ撮りにオススメの一眼レフカメラとは?動画撮影ができる格安でコスパの良い一眼を紹介!


こんにちは、おやすです。

ハメマネやパコトーキョーの運営をしています。先日、下記のツイートをしました。

ユーリさんの素敵動画は一眼レフで撮影されていると、以前お会いさせていただいた際に教えていただきました。

スマホやビデオカメラにはない一眼レフの特徴を活かした動画撮影は、とても魅力的ですよね…

今回は、パコトーキョーを運営しているおやすが、ハメ撮りにオススメの一眼レフカメラについてについてお伝えします。

一眼レフカメラは、背景ボケで解像度の高い綺麗なセックスを撮影できます。

このボケの映像のよさは感動ものです。

また、一眼レフカメラは、レンズ交換できるので広角レンズに変えて迫力のあるシーンや様々なニュアンスに切り替えて楽しむこともできます。

ユーリさんのように一眼レフでハメドリをしたいけど、何を買えばいいのか迷っている方は是非参考にしてください。

サクッと読めるので、是非理解を深めて、明かるいセックスライフを楽しんでください!

一眼レフとは

一眼レフカメラの「一眼」とは、

  • 撮影レンズ
  • 光学ファインダーレンズ

が1つだよという意味を指します。

一眼レフカメラの「レフ」とは、

  • 反射する(reflex)

の略です。

一眼レフの構造

https://www.nikon-image.com より引用


一眼レフカメラの構造としては、レンズを通った光をミラーで上方に反射させて光学ファインダーに誘導しています。

この光を反射させる(reflex)仕組みにより一眼「レフ」と呼ばれています。

ミラーで上方に反射した光は、

  • ファインダースクリーン
  • ペンタプリズム(またはペンタミラー)

を通ってファインダー接眼窓に向かいます。

細かい構造はまだまだありますが、一眼レフを一言でまとめると

レンズで捉えた被写体をカメラ内部の鏡に反射させた映像を光学ファインダーで表現する

というカメラです。

一眼レフの特徴

撮影環境や被写体や表現によって、レンズ交換して、適切な撮影環境を整えることができるのが特徴です。

レンズには焦点距離から「ズームレンズ」と「単焦点レンズ」の2種類に大別できます。

レンズについてこちらの記事で記述すると冗長になるので「レンズとは」「レンズの選び方」などについては下記にまとめました。

【最新版】ハメ撮りにオススメの一眼レフカメラのレンズとは?動画撮影ができる格安でコスパの良いレンズを紹介!

レンズには様々種類があって得意領域が異なりますので、購入選定時には上記参考にしてみてください。

また、一眼レフにはオートフォーカス(AF)というピントを被写体に自動的に合わせてくれる機能があります。

AFにもパターンがあって機種によっても様々種類がありますが、ハメドリのような動きのある被写体でもブレの少ない撮影ができます。

一眼レフは、動画撮影だけでなくエッチなポートレート(静止画像)にも強いため、撮影シーンによって機種使い分けをする必要がほぼありません。

しかし、多くの機種は動画撮影時間に30分制限があって長時間撮影には向きませんので、後述しますが、機種選びの際は上記制限のない機種を選ぶことがポイントです。

一眼レフの種類

一般的に、一眼レフは「デジタル」と「ミラーレス」があります。

デジタル一眼

広角や望遠などのレンズが交換できる、使い勝手の良さが特徴です。

また、「実際の景色」と「ファインダーの景色」が同じように見えるため想定通りの構図で写真が撮りやすいです。

高性能ですが、高価格で大きいため取扱いづらい傾向があります。

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼は、上述したミラーがないため、小型軽量の傾向があります。

従って、取扱いが容易のため、一眼レフよりもミラーレスを使ってハメドリをしている方が多い印象です。

一眼レフだとファインダーを覗いて(もしくは設置して)撮影する機種が多いですが、ミラーレスだと液晶モニターを使えるので被写体をしっかり捉えて撮影ができます。

しかし、液晶モニターを使用するため電池消耗が非常に大きいのが難点です。

予備のバッテリーは必須という機種が多いのではないでしょうか。

「デジタル一眼とミラーレス一眼はハメドリにおいてどちらがいいか」という問いについては、個人的にはミラーレスかな…と考えています。

ハメドリに一眼レフを使うときに気をつけること

一眼レフは動画撮影ができる機種もありますが、基本的には静止画に強みがあると理解されていることが多いです。

以下、ハメドリカメラとして一眼レフを採用するときの注意点です。

連続撮影時間

長時間撮影可能な機種はありますが、めちゃくちゃたくさんあるわけではありません。

連続録画可能時間が30分未満の製品も多いので注意が必要です。

購入後に「動画の連続撮影時間が短くて使い物にならない…」には気を付けて、よく確認してから購入するようにしてください。

重さ

一眼レフは小型軽量のデジタルカメラやスマホと比較すると重いものが多いです。

スタビライザーや三脚を利用したり、固定撮影を想定しているのであればいいですが、主観ハメドリを撮影する際は大きくて重いため扱いが難しいです。

行為中に重さのため手や腕が疲れてしまって、お致しに集中できなかったりする可能性があります。

自分自身がハメドリに一眼レフを扱えるかを考えて、可能であればレンタルをしてみて購入検討してみるのがいいかもしれません。

ハメドリにオススメの一眼レフ

最初からハメドリを目的として一眼レフを購入するのであれば、下記をクリアしている機種を選ぶといいかもしれません。

  • 連続撮影時間
  • 手ブレ補正機能
  • ISO設定範囲
  • 液晶モニター
  • ノイズキャンセリング機能

例えば、ハメドリにおすすめの一眼レフの機種は下記があります。

DC-GH5Ⅱ|Panasonic

記事執筆時点では、まだ未発売ですが…!

2021年6月25日にパナソニックからミラーレス一眼が発表されるGHシリーズです!

動画性能だけでなく、5G対応端末と連携して無線ライブ配信も可能です。

無線ライブ配信

5G対応端末と連携して、専用アプリの「LUMIX Sync」で簡単操作で配信できます。

ツイッターやインスタグラムなどでライブ配信する頻度はあまり高くない気がしますが、各種SNSも活用してプロモーションを行いたい撮影者であれば活躍するかも。

あくまでこれはライブ配信機能追加はぼくたちにとってはオマケ要素だと思っていますが、以下は結構重要かも。

進化した基本性能

・20.3M Live MOSセンサー、最新ヴィーナスエンジンを搭載して高精細解像度

リアルタイム認識AF、6.5段手ブレ補正システムを搭載

・放熱システムでオーバーヒートを抑制、無制限の長時間撮影が可能

・60p 4:2:0 10bit/30p 4:2:2 10bit内部記録、高解像アナモフィックモード記録などの動画撮影モードを搭載

・スローモーション、クイックモーション撮影

・10bitのV-Log Lで自由度の高いカラーグレーディングが可能(プリセットやカスタムしたLUTを読み込んでLUTを適用でき、最終イメージに近い表示に)


このシリーズはミラーレスカメラで世界初の4K/60pの動画撮影ができるようになった機種でしたが、更にバージョンアップですね。

以前のDC-GH5Sには手ブレ補正機能が搭載されていませんでしたが、こちらは補正機能付きなので手持ちでの動画撮影にも適しています。

長時間撮影時も録画時間無制限記録ができるので、ハメドリをするときも時間を気にすることなく撮影ができます。

また、ISO感度も向上しているため、低照度の場面でも被写体が見やすくなりました。

勿論、スマホで撮影映像を確認しながら撮影することも可能でスマホやPCなどに動画転送も容易です。

最新機種をオススメするのもどうかな…
ちょっと高い気もするけどな…

と思いましたが個人的にはオススメです!

Amazon:DC-GH5Ⅱ|Panasonic
楽天  :DC-GH5Ⅱ|Panasonic

まとめ

一眼レフの説明や特徴、ハメドリに適した機種などをご紹介させていただきました。

選ぶ際は

  • デジタル一眼 or ミラーレス一眼
  • 重量
  • 連続撮影時間
  • 手ブレ補正機能
  • ISO設定範囲
  • 液晶モニター
  • ノイズキャンセリング機能

があるかを確認しておくといいでしょう。

また、カメラはピンキリなのでまずは自分の予算内から選択するのも大切です。

使わない機能等もあるかと存じますので、価格が高ければ高いほどいいわけではありません。

今回紹介した一眼レフや購入基準などを参考にして、自分にあったモデルを探してみてください。

ハメドリカメラを格安で揃える方法3選
ハメドリの撮影機材
ハメドリのスマホ機種選び

ハメドリの交渉方法コツ

⇒ PACO.TOKYO
⇒ パコトーキョーとは
⇒ 動画配信者クリエイター募集